iPhone修理

iPhone修理でよくある故障

iPhoneの故障で、多く見るのはホームボタンの陥没だったり充電ができなくなったりなどだとおもいます。充電がならないというのは、コードが悪い場合とiPhoneの充電口部分の故障が考えられます。iPhoneの充電口が故障の場合、原因は落下などによる衝撃が原因で破損したり接触不良などを起こしたりしています。
原因である落下を防止する方法はいくつかあります。落下防止リングをつけたり、落下時の衝撃を吸収するケースやカバーを付けたりするなどです。日頃から、カバンに入れるなどして衝撃から守るなどすれば、充電口の破損などからiPhoneを守ることが出来ると思います。
次にホームボタンの陥没についてです。こちらもまた、衝撃などによるホームボタン裏側の金属破損などが原因です。また、汚れが溜まっている可能性もあります。使用していて変な音がしたりした場合には、掃除をすることにより治る可能性があります。陥没対策としては、やはり衝撃を与えないことやホームボタンを押す時に力強く押さないように気おつけることです。劣化しやすくなるので優しく扱えば良いと思います。
故障の対策として、一番は衝撃を与えないことが大切です。ケースを付けるなど、工夫して対策して行けば良いと思いました。

Topics

TOP